猫の妙術 その1


◇クリック◇⇒■いいものショッピング■

 



■あいてむトラディション■

 












コラボガイド ■ブレンドランド■■いんたれすと堂■  ■みゅーじっくサマリー■ 



■勝軒という剣術家がいた。その家に大ネズミが現れ、真昼間から家の中をかけめぐる。
主そのネズミのいる部屋を閉め切り飼い猫に取らせようとした。
ところが大ネズミはネコの顔に飛びかかり食いつき反撃したため、ネコのほうが
悲鳴をあげて逃げ出した。このぶんではどうもかなわないなと見た主は、それから
近所じゅうの並みよりネズミ捕りにすぐれて評判のネコを借り集め、ネズミのいる一間に
追い入れたが、大ネズミは床の間の隅を居場所として、ネコが近づくと飛びかかり食いつき
その形相がすさまじいため、ネコどもはみな尻ごみして進まなくなってしまった。―― つづく。

スポンサーサイト

【くびき構造】の解説

なんで名前が文部省(現在は文部科学)?、省でなく「教育担当庁」がふさわしい感じがする。
文部だと日本語のわからないマスコミが上位と錯覚し驕りが生じて支配欲が増幅するだけだろう。
我輩からすれば高校部門・高校体育連盟と高校野球連盟をもって根幹としているようにみえるが、表向けに
武部に重点を置いて、文部の国立大学進学をはぐらかしていく手法ともいえる。国立大学
は東大→官僚→内閣総理大臣の権力闘争の要といえるものでここの派閥的主導権を握ることが
最重要だということを理解すれば自ずと日本社会の図式が見えてくるだろう。ともあれ
高校中心に物事を考えるようにすることは個人の尊厳をないがしろにすることでもあるのだ。

プロ野球を管轄下においているが、これは極めて一般社会経済の足を引っ張る状況といえよう。
原辰徳が須田精一と東海大学同窓でこれが読売巨人軍を支えているといっても過言ではない。
須田精一は会社を由利工業としているが、普通なら西目工業か須田工業であるべきなのである。
読売が監督原を辞めさせられない理由は、巨人軍の存続にかかっているからであり、絶体絶命の生命線
が発掘されへばりついている状況なのだ。とにかくマスコミはなんだかんだと誤魔化しているわけだが、
教育者の指導力とか武道家の影響力とか、まったく陰の薄い存在と化している思わざるを得ない。ともあれ
我輩が巨人プロ野球は我輩を打倒すめために運営されているものであるという主張は周知されていくだろう。
プロフィール

Author:endlesspage
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
491位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
280位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR