猫の妙術 その3


◇クリック◇⇒■いいものショッピング■

 



■あいてむトラディション■

 












コラボガイド ■ブレンドランド■■いんたれすと堂■  ■みゅーじっくサマリー■ 



■その夜、ネズミに負けたネコたち、老ネコの家に集まり、そのネズミ取りの
名人の老ネコを上座に招いてかしこまり「私どもはこれまで、なみよりネズミ捕りの
上手なネコといわれてその道に技を磨いてきました。ネズミはおろかイタチ、カワウソ
の類も取り押さえようと爪を研いでまいりましたが、いまだかつて、きょうのような
強いネズミがいたことを知りませんでした。貴方は一体いかなる術をもつてたやすく
あのネズミを捕られましたか、どうぞお隠しなく貴方さまの妙術を私どもにご伝授
願わしゅう存じます」と申し出た。老ネコは笑って言った。
「貴公たちはまだ若いな。ずいぶん活動したようだが、正しい道理にかなった
技を教わっていないために、意外な敵に出会って不覚をとられた。だが、まず貴公らの
修業のほどを聞こう」―― つづく。

スポンサーサイト

猫の妙術 その2


◇クリック◇⇒■いいものショッピング■

 



■あいてむトラディション■

 












コラボガイド ■ブレンドランド■■いんたれすと堂■  ■みゅーじっくサマリー■ 



■主は腹をたててみずから木刀を引っさげて打ち殺そうと追い回したけれども、
手元をくぐって木刀に当たらない。何度か打ち据えようとしたが、いたずらに
戸障子襖をたたき破るばかりで、ネズミは空中を飛び、その早さは稲妻のようで、
うかうかすると主の顔へ飛びかかり食いつきそうな勢いであった。
勝軒は大汗を流して結局打てず、下男をよんだ。「うちから七、八町さきに抜群に
ネズミ取りのうまいネコがいるそうだ。行って借りて来い」
と使いを出し、そのネコを借りて来たが、姿を見るとさっぱり利口そうになく、
動きも老いてすばしこくない。甚だ頼りないがともかく追いいれてみようと少し
戸を開けて入れたら、大ネズミはすくみ上がって動かず、ネコはのろのろと
そばへ行って難なくネズミをくわえて来た。―― つづく。

プロフィール

endlesspage

Author:endlesspage
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
814位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
478位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR