マスコミ芸能界の曖昧模糊戦術を潰せ

一般社会では未成年の子どもは親の顔といっしょにして見るもんだが、馬鹿のマスコミ芸能界は子役などは、
誰の子であろうが売れれば良いという発想で教育上不道徳であるのは明らかであろう。
本田みゆの両親はメディアに出てるが、芦田愛菜とか寺田心の母親は顔も名前もわからんのだから、意図的に隠しているように思えるが、こういうふざけたことをやっている子役事務所を断罪しないわけにはいかんだろう。
じゃ、よろしく。■無能な文部省と国会議員はこの問題を追及してくれよ。
■例えば寺田心だが、父親が死亡なのか離婚なのか、それとも未婚の母なのかわかっていると思うから、番組で競演する芸人とか俳優は心から聞きだしてブログに載せるてもらいたいもんだ。ずっとネットに出てこないというのは不思議だがこれは組織的に自分たちに都合が悪いから隠しているのだと考える。とにかく気が利かない芸能界だが、この私に恩義を感じる芸人や俳優、タレントなら寺田心から聞きだしてブログやツィッターに載せてもらいたいもんだ。別に隠すことでもないだろ。親を隠す子どもはろくなもんじゃねえな。ともあれ曖昧模糊にして翻弄しようとする奴等は断罪すべきだろう。★寺田心のお父さんのツイッターより→寺田心の父親です。本当は鈴木福くんのような子役にしたかったのに理想とは180°違う子役になってしまいました。関係各所の皆様には多大なる迷惑おかけして申し訳ございません。真実を申しますと実際には息子とは暮らしておりません。ですがLINEで会話はしています。美味しいも私の指示です。
スポンサーサイト

画竜点睛を欠くマスコミ情報

一般社会では未成年の子どもは親の顔といっしょにして見るもんだが、馬鹿のマスコミ芸能界は子役などは、
誰の子であろうが売れれば良いという発想で教育上不道徳であるのは明らかであろう。
本田みゆの両親はメディアに出てるが、芦田愛菜とか寺田心の母親は顔も名前もわからんのだから、意図的に隠しているように思えるが、こういうふざけたことをやっている子役事務所を断罪しないわけにはいかんだろう。
じゃ、よろしく。■無能な文部省と国会議員はこの問題を追及してくれよ。
■例えば寺田心だが、父親が死亡なのか離婚なのか、それとも未婚の母なのかわかっていると思うから、番組で競演する芸人とか俳優は心から聞きだしてブログに載せるてもらいたいもんだ。ずっとネットに出てこないというのは不思議だがこれは組織的に自分たちに都合が悪いから隠しているのだと考える。とにかく気が利かない芸能界だが、この私に恩義を感じる芸人や俳優、タレントなら寺田心から聞きだしてブログやツィッターに載せてもらいたいもんだ。別に隠すことでもないだろ。親を隠す子どもはろくなもんじゃねえな。ともあれ曖昧模糊にして翻弄しようとする奴等は断罪すべきだろう。

転生推断

そのような受胎方法というのか、種付けというのか、普通じゃないのは明解なわけで、生まれた瞬間に入魂するという説があるが、普通の霊魂が宿るとは到底思えない。例えば殺害された霊、事故死した霊、など不運な前世を余儀なくされた霊が寄り付いてくるのではないか? そうとう根深いものを感じるのう。

ジョビィキッズ疑惑

一般社会では未成年の子どもは親の顔といっしょにして見るもんだが、馬鹿のマスコミ芸能界は子役などは、
誰の子であろうが売れれば良いという発想で教育上不道徳であるのは明らかであろう。
本田みゆの両親はメディアに出てるが、芦田愛菜とか寺田心の母親は顔も名前もわからんのだから、意図的に隠しているように思えるが、こういうふざけたことをやっている子役事務所を断罪しないわけにはいかんだろう。
じゃ、よろしく。■無能な旧文部省と国会議員はこの問題を追及してくれよ。

局刑は不可避

とにかもかくにも俺に公認料金を払わないのは俺に勘当されている子どもと扱うべきであり、種子(たねこ)だからともてはやすことは邪道である。マスコミ芸能界にはとんでもねえ天罰が下されるとしかいいようがない。
父親に勘当された子どもは親不孝者のきわみというもんで、これを擁立して金儲けをしようとするマスコミ芸能界の
モラルのなさに世間は唖然とするだろう。選択肢は二つしかない。俺に公認料
払うか、芸能界をやめるかだ。俺の遺伝子がメディアに「質」にとられているのは明らかである。北朝鮮の拉致に
マスコミは罵詈雑言を浴びせたが、それもこの私を贖罪神にみたて私のせいにするが如くだった?がこのたびの
俺の遺伝子が発覚、バレたため、メディアはすっかり拉致問題の件は鳴りを潜めたのはその証であろう。
電波キングギドラ(NHK・テレビ朝日・読売日本テレビ・フジテレビ・TBS・テレビ東京)は極刑は不可避である。
プロフィール

endlesspage

Author:endlesspage
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
本・雑誌
2022位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
1100位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR